肌が求める保湿化粧品について考えてみました!

保湿には水分を逃がさない役割をする成分が必要不可欠です。

水分を包み込んで逃がさないようにする成分にはセラミド、スフィンゴ脂質そしてレシチンがあります。

更に多くの水分をギュッと閉じ込める役割をしてくれるのが、ヒアルロン酸やコラーゲン、これらは有名ですね。

その他には、エラスチンやヘパリンといったものがあります。

ただこれらの成分だけではプルッとした肌にはなりません。


吸湿力のあるグリセリンやアミノ酸などの成分や油分で蓋をしてくれる働きをもつ椿油やホホバオイルなど油分を多く含む成分が必要です。

いろいろな成分は保湿化粧品の中に入っていますが、ちょっとこうして目的をちゃんともって確認し使うようにすることで貴方の肌の反応はビックリするほど変わります。

保湿化粧品を選ぶときには、肌本来の働きを助けてくれる保湿成分が、できるだけ多く含まれているものにしてください。


こうした細かなチェックはとても大変で手間がかかって面倒だと思うかもしれませんが、結局自分に効果が出るか出無いかになってしまいます。

乾燥肌で悩む女性は世の中に多くいますが、こうして保湿力を多く持っているものやその成分を閉じ込めることができる成分が入っているものを使っていくことで、肌は確実に変わります。


このページの先頭へ